富士宮SPEC2022 参加者募集開始

2022 年 10 月 20 日

本協会では、本年度、静岡県富士宮市にてSPEC2022 in 富士宮を開催いたします。

申込期間:2022/10/31 23:59まで

申込方法:下記参加申込と保険加入者名簿に必要事項を記入してspecxroc@jsea.jp宛てにメールで申し込んで下さい。
     ※SPEC実験中、万一の事故に備えて傷害保険に加入して頂きます。
       富士宮SPEC2022_参加申込
       富士宮SPEC2022_保険加入者名簿

参加費:1クライマー10万円 ※応相談

日 程:
11/25(金)
  集合場所:参加申込後にご連絡致します。

11/26(土)
  集合場所へ集合後、SPEC会場へ移動(前年度参加者は、直接SPEC会場に集合しても構いません)
  ※集合場所及びSPEC会場の場所は、参加申込をされたチームへ後日連絡します。

11/27(日)
  SPEC会場に集合

移動車両:
  各チームで移動用の車を用意して下さい。 ※四輪駆動車が望ましいが、手配できなければ二輪駆動車でも構いません。


内  容:クライマーの昇降実験

  • 斜面を利用した斜路のコースとなります。クライマーの走行距離は150mから250m程(斜路35°前後)を予定しています。
    クライマーのコントロールに無線を使用する場合は距離にご注意願います。
  • ロボット降下等のクライマーからの物品投下実験は禁止とします。
  • ペイロードの運搬は任意とします。(協会所有の標準ペイロードを利用可能です)
    ※標準ペイロード:サイズ 500×500×500[mm]  重量 8[kg]
     万一、ペイロードが落下した場合、安全を考慮して回収は行いません。
  • その他、クライマーの仕様はSPECxROCのクライマーレギュレーションに準拠して下さい。
    ※レギュレーションから外れる場合は、別途、実行委員会にご相談下さい。
  • 実験に参加中は、別途定める新型コロナウィルス感染予防策の規定に従って頂きます。

SPECxROCクライマーレギュレーション : SPEC x ROC._Climber_regulation_v0.pdf

その他質問、お問合せに関してはspecxroc@jsea.jpまでお願いします。ただし、お問い合わせ内容によっては回答できないこともありますので、前もってご了承ください。

SPEC, 技術ニュース, 重要なおしらせ | by 吉田隆一

SPECxROC 2022 in NIIT 宇宙エレベータークライマーチャレンジ in 新潟工科大学 <実施報告>

2022 年 10 月 10 日

 

今回の宇宙エレベータークライマーチャレンジは、宇宙エレベーター協会初の新潟県での開催となりました。
 新潟工科大学開業25周年事業の一環として実施され、7団体17クライマーのエントリーがあり、大型クレーンを利用した65m垂直昇降(ベルト×2本、ロープ×2本の初の4本設定)、及び降下ロボットの地上降下の競技会を実施しました(SPECxROC)。
 当日は天候にも恵まれ、新潟工科大学関係者のご協力の元、多数のクライマーの昇降競技会が実施でき、多数の見学者やメディアにクライマー昇降会を見学頂きました。

 また、新潟工科大学/関連企業や関連団体のご支援も頂き、全11部門の賞(副賞あり)を準備した大盛況の競技会となりました。

下記に、競技会の結果を報告します。

 

■ 日  時:2022年9月17日(土)、18日(日) 両日とも9:00 ~ 17:00
■ 会  場:新潟工科大学グラウンド (新潟県柏崎市) https://www.niit.ac.jp/
■ 主  催:一般社団法人宇宙エレベーター協会、新潟工科大学

 

■ 参加チーム:  ※7団体、17クライマー(+降下4台)がエントリー

  • 日本大学:2チーム(クライマー:2台)
  • 神奈川大学:5チーム(クライマー:8台+ロボット:1台)
  • 京都大学:1チーム(クライマー:1台+Cansat:1台)
  • 東北大学:2チーム(クライマー:2台)
  • 新潟工科大学:2チーム(クライマー:2台)
  • The 4th Laboratory(社会人):1チーム(クライマー:1台+ロボット:1台)
  • 湘南工科大学:1チーム(クライマー:1台+ロボット:1台) ※都合により参加不可
クレーンによる65m垂直昇降
ベルト:2本+ロープ:2本(4本設定)
クライマー設置(テストテザー)
クライマー+降下ロボット昇降
パラシュート降下成功!
電龍3(降下ロボット@4th Lab.)

■表彰内容:  ※全11部門+チャレンジ賞

■競技結果: ※詳細は下記参照

  • ベルト:10台
  • ロープ:6台
  • 昇降競技:9台成功
    スピード:MPU平均速度:62.3km/h(神奈川大学_KUSEP-5S)
    ペイロード:計27kg(4th Lab.)
  • 降下競技:1台成功(4th Lab.)

■ 新潟工科大学HP  実施結果

宇宙エレベータークライマーチャレンジ及び関連イベント(9/18)実施結果 – 新潟工科大学| 新潟工科大学 (niit.ac.jp)

SPECxROC参加者全員で集合写真(閉会式)
参加各チームの代表者

■ 新潟工科大学の新しい無限大CM(YouTubeで公開中!)

<新潟工科大学_果てしない夢篇>

<ミニ番組「∞無限大 工科大」10/6放送分>  Updated 

■ ドローン撮影にご協力頂いた新潟企業様の公開動画  Updated

<株式会社トップライズ様/株式会社スカイフォトサービス様>

宇宙エレベータークライマーチャレンジに撮影協力しました | ニュース | 株式会社トップライズ (toprise.jp)

<日本大学クライマー HARUⅢ>

SPECXROC, 技術ニュース, 重要なおしらせ | by 吉田隆一
TOPへ