ホーム

関連技術情報

静岡大学の衛星"STARS-C"の報告会、12日に開催

2018/04/04

静岡大学の衛星"STARS-C"の報告会、12日に開催

 3月に再突入して役割を終えた、テザー進展を行う実験衛星 "STARS-C"(はごろも)の報告会が12日、静岡大学で開かれます。関係者以外も参加可能とのことですので、ご興味のある方はぜひ。

<静大衛星STARS-C報告会のご案内>
 宇宙エレベーター技術の実証を目指して,2016年12月19日の国際宇宙ステーションからの放出後,運用してまいりました静大初の衛星STARS-C(愛称:はごろも)ですが,3月3日に大気圏再突入して寿命を終えました.
 このたび,衛星運用終了に伴いまして,STARS-Cの報告会を下記の通り開催いたします.報告会では,STARS-Cの運用状況及び初期分析結果を中心に現在進行中の次期静大衛星の開発状況についても報告する予定です.
 一般の方のご参加も大歓迎です.ただし,会場のキャパの関係もございますので,参加ご希望の方は4月9日(月)までにプロジェクト実施責任者の山極(yamagiwa.yoshiki@shizuoka.ac.jp)までご一報くださいませ.

日時:2018年4月12日(金)13時~(15時)
場所:静岡大学浜松キャンパス総合研究棟10階会議室
(アクセス・場所はこちらをご参照ください)

 STARS-C のミッションについては、協会ホームページで解説しています。ご参考まで。