ホーム

SPECxROC

『宇宙エレベーター クライマー・ロボティックス競技会(SPEC x ROC)』のお知らせ(2019/4/2更新)

2018/12/31

『宇宙エレベーター クライマー・ロボティックス競技会(SPEC x ROC)』のお知らせ(2019/4/2更新)

宇宙エレベーター協会では、2019年夏、昇降機(クライマー Climber)にロボットを貨物として積載し
指定高度まで昇降させる競技会を開催します。英表記はSpace Elevator Climber & RObotics Challenge とし
略号は「SPEC x ROC」とします。

宇宙エレベーターは天体表面と宇宙を、そして他天体をつなぐ次世代の大量輸送機関として、最も有望視
されているシステムです。1991 年の飯島澄男氏のカーボンナノチューブ(CNT)の発見と解析により地球上に
建設するために必要な強度をもつケーブル素材(テザー)の実現性が高まり、システム全体の研究開発が動き
出しています。
宇宙エレベーター協会では、2009年度から気球などからつるしたアラミド繊維製ケーブルを昇降用テザーに
みたて、そのテザーに沿ってクライマーを走らせる開発実験と競技会(Space Elevator Challenge="SPEC")
を実施してきました。2013 年には高度1,200mまで達し、時速100km を超える機体も既に開発されています。 

次回2019年夏第10回では次のステップとしてクライマー本体が昇降するだけではなく、貨物を積載して昇降する
競技に挑戦してもらうことにします。この挑戦では単に揚重荷重が増加するだけではなく、重心の考え方、積載
装置の遠隔操作に対する無線の干渉などいくつもの考えなければならない要素が加わります。積載荷重は8kgと
しますが、例えば8kgの砂袋にするより、付加価値を考慮して積載貨物にロボットを採用します。指定高度まで
ロボットを揚重し、その高度でロボットを降下させてもらうことにします。ロボットを採用した理由はいくつか
あります。
1) 宇宙エレベーターのステーション高度で宇宙太陽光発電設備のなど組み立て作業では宇宙線被曝のリスクが
  高いことからロボットによる作業が多くなることが考えられます。競技会に組み込むことにより宇宙用の
  高機動ロボット開発を促すことができることを期待しています。
2) 火星などの地球外天体での宇宙エレベーター建設時には地上部分建設のためには資材の輸送に先立ち建設用
  ロボットをケーブル途中から降下させることが考えられます。
3) クライマーの積載装置の遠隔操作技術の開発にあたり貨物側の装置との連携も必要と考えられることから
  貨物側の装置としてロボットを使うことができると考えられます。
4) ロボット技術開発の新たな挑戦目標を提供することができると考えています。

以下競技会概要です。詳細情報は随時周知いたします。

開催場所:  福島ロボットテストフィールド 予定
開催予定日: 2019年9月14日および15日予定
参加説明会: 2019年3月30日 13:30~
競技参加申込締切:2019年510日(金)
 ※ロボット部門の競技参加申込締切日を延長します。詳細は後日発表します。
事前審査受付開始:2019511日(土)
事前審査受付締切:2019531日(金)
事前審査結果発表・通知:2019610日(月)
参加者会議831日(土)予定
競技部門:  宇宙エレベータークライマー部門(学生、企業、個人などの枠は設定しません。)
       ロボット部門(学生、企業、個人などの枠は設定しません。)
予定高度:  100m
別資料:   競技会規則全般:SPEC x ROC._General_regulation_v0.31.pdf
       要求仕様 
       ・クライマー: SPEC x ROC._Climber_regulation_v0.31.pdf
       ・ロボット:  SPEC x ROC._RObotics_regulation_v0.21.pdf
参加費:   図面審査 無料
       本競技  10,000円+(保険料+手数料で参加者1名あたり 2,000円程度)
表彰:    優秀チームを表彰し、のウェブでの紹介やパンフレットへの記載に加えて副賞を計画
       しています。
       なお、天候、ヘリウムの供給状況、参加者数などによって規模の変更、延期、中止などの
       可能性もあります。

注意1)事前審査日程は変更可能です。要望などがあれば電子メールでお申し出ください。

注意2) 参加申込は下記フォーマットでお願いします。ただし、記載事項をすべて満たしていれば電子メールでもかまいません。


お問い合わせは、 SPECxROC@jsea.jpまでお願いします。ただし、お問い合わせ内容によっては回答できない
こともありますので、前もってご了承ください。