ホーム

SPEC

第4回宇宙エレベーター技術競技会の評価について

2013/04/04

第4回宇宙エレベーター技術競技会の評価について

評価結果
第4回宇宙エレベーター技術競技会=JSETEC2012のクライマー競技の評価結果については、評価は計測データ、画像データなどの客観的な定量的評価と、協会理事会/実行委員会/技術委員による定性的な評価の複合にて行った。 しかし、3軸加速度センサーなどを用いた昇降性能を測定するロガーシステムの不具合があったら、映像を含めた複数のデータ、情報から評価を行いました。

なお、
近年競技会に参加する各クライマーは実際の宇宙エレベータークライマーに必要とされる様々な機能、性能それぞれにターゲットを設定しているため、統一した評価は行えないことから、カテゴリー分けされた評価ジャンル毎に評価を実施しました。(=優勝というような概念はない)



ベストクライマー賞:神奈川工科大学有志 BBQ
JSETEC2012-KIT-Climber.jpg

評価ポイント:
・上昇走行距離 700m
・平均上昇速度 14.9m/s(54km/h)
・最大瞬間上昇速度 29m/s(105km/h)
JSETEC2012-Eva-Fig5.jpg
ベストプレーヤー賞:阿南高専宇宙エレベータープロジェクトチーム ACE-R
JSETEC2012-Anan-Climber.jpg

評価ポイント:
・サイズが大きい
・初日と全く異なるものを作り出した
・独創的
・参加チーム中 唯一の高専生によるチーム
・徳島県からの遠征





コントロール賞:神奈川大学 江上研 Dチーム
JSETEC2012-KU-Climber.jpg

評価ポイント:
・上昇走行距離 600m
・昇降後、下端バンパー前3cmで自動停止
・手動制御と自立制御の双方可能
・受動輪にロータリーエンコンダー(複数)
・連結式の機体






技術賞:チーム奥澤 MomonGa-4。
JSETEC2012-MomonGa4-Climber.jpg

評価ポイント:
・上昇走行距離 252m
・平均上昇速度 14.9m/s(54km/h)
・最大瞬間上昇速度 29m/s(105km/h)
・7,355W CastleCreation社製ブラシレスDCモータ
・5000mAh 22.2V Turnigy社製リチウムポリマーバッテリー
・両面タイミングベルト使用



プロダクト賞:慶應東工学生有志 cuβoid
JSETEC2012-Keio-Climber.jpg

評価ポイント:
・学生有志3人でチームを結成
・企業とのタイアップにより、今までにない素材を使ったクライマーを完成
 -株式会社マエダ 部品の機械加工支援
 -川本重工株式会社 超高強度鍛造Mg合金材提供
・瞬間最大84.8km/hの上昇速度を実現



ペイロード賞:チーム奥澤 MomonGa-4。

評価ポイント:
・ペイロード比 52.1% (ペイロード重量8.5kg)
  ÷(クライマー総重量16.3kg)
JSETEC2012-Eva-Fig1.jpg     JSETEC2012-Eva-Fig2.jpg     JSETEC2012-Eva-Fig3.jpg

スピード賞:日本大学理工学部 入江研究室 サジタリウス
JSETEC2012-NU-Climber.jpg

評価ポイント:
・上昇走行距離 252m
・平均上昇速度 14.9m/s(54km/h)
・最大瞬間上昇速度 29m/s(105km/h)